マンション購入に際し考える大規模修繕工事のこと

初めてマンション購入される方にはぴんとこないかも知れませんが、購入後に支払うべきものとして住宅ローンと共益費があります。共益費は毎月の管理費、これは管理人の人件費を含んだ管理会社へ支払うものと(ほぼ定額)、将来の保守と修繕に備えた修繕積立金があります。大規模修繕工事積立金もこの中に含まれており、主に5年、10年といった節目に行なわれる大がかりな工事です。代表的なものとして外壁塗装工事があり、全世帯を巻き込み工事日数も約ひと月くらいかかることもあります。気をつけなければいけないのはマンション購入時に見積もりされるこの積立金が、一般的に低く見積もられていることです。小さな部分的な修理であれば問題ないのですが、大規模修繕工事になりますと数億円単位のお金がかかることは珍しくありません。その度に理事会で対策を考えなければいけなくなり、現に筆者が住むマンションでもこれまで2度値上げがありました。築年数が古くなると出ていく住民も増える可能性があります。それは即積立金の原資が減ることにもなります。購入される方はぜひ大規模修繕工事のことを慎重に考慮し判断されることをお勧めします。

マンションを購入したらかかる費用~大規模修繕費

マンションを購入した際、色々費用がかかってきます。マンション購入費にプラスをして、毎月修繕費や管理費、共益費など、共有で使用する部分に関する費用月々支払っていく事になります。そんな費用の中の修繕費ですが、この費用は様々な修繕に使用しますがこの修繕が大規模なものになった場合は、この費用だけではまかないきれない場合があります。その為、その際は別途費用がかかってきます。大規模修繕を行う場合は、建物全体に関わるものになりますから費用も結構な金額になってしまいます。その際は追加で修繕費を徴収される場合もあります。その事をしっかりと考えた上でマンションを購入していきましょう。買ってから大規模修繕に費用が発生するなんて知らなかったという事が無い様に、購入をする前に事前にその事を頭の中に入れておきましょう。

マンションの大規模修繕

マンションの大規模修繕工事と聞いて、どのような工事が想像できますか。基本的には鉄筋コンクリート造で施工されているため、とても高い耐震能力が備わっていることが一般的です。しかし、長期間使用しているマンションについては、基本的な構造は損なわれていなくても、部分的に劣化していくことがあります。例えば外壁については、クラックが発生したり、色あせなどにより外壁が腐食していくこともあります。こうした問題を解決させるために、10年以上経過したマンションについては大規模な修繕を行うことが一般的です。修繕にかかる費用については、毎月積み立てている修繕維持費で賄われることが一般的です。しかし、その修繕の内容が想定以上の大規模なものになる場合は、追加で費用が必要になることもあるでしょう。しっかり修繕を行い安心できる建物にしていきましょう。